自然災害・沿岸域

気候変動の影響

  • 短時間強雨の発生回数の増加に伴う水害の増加
  • 突発的で局所的な大雨による、リードタイム(防災行動に必要な時間)の確保が難しい土砂災害の増加
  • 海面上昇と強い台風の増加に伴う高潮による浸水被害の拡大

気候変動への適応

例えば、
◎ 災害リスクを踏まえた堤防・防潮堤等の整備
◎ 河川水位の上昇や高潮等の危険度の情報提供と避難計画の策定
◎ ハザードマップ等の作成による警戒避難体制の強化
等が挙げられます。

なお、大阪府の防災計画やハザードマップ等は「おおさか防災ネット」からご覧いただけます。

上記の他、国、地方公共団体等の連携による避難、救助・救急、緊急輸送等を目的としたタイムラインの策定や企業の被害軽減や早期業務再開に備えるためのBCPの作成等も必要と言われています。

詳細はA-platのページをご覧ください。