事業継続計画(BCP)

 事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)とは、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。
 緊急時に被害を最小限にとどめ、中核となる事業の継続、早期復旧を図るには、事前にBCPを策定・運用することが重要です。また、平時の経営改善の一環としても、積極的に取り組むことが必要です。

中小企業の事業計画(BCP)策定支援

 大阪府では、府内中小企業・小規模事業者の皆様のBCP策定を支援しています。
 詳しくは大阪府のホームページをご覧ください。

大阪府「超簡易版BCP『これだけは!』シート(自然災害対策版)」

 大阪府では、事業継続に際し最低限決めておくべき項目にしぼりこんだ様式、「超簡易版BCP『これだけは!』シート(自然災害対策版)」を作成し、公開しています。
 このシートをご活用いただき、事業や組織体制等に変更があった際をはじめ、少なくとも年に1回は見直しを行いながら、事業継続に役立ててください。
 詳しくは大阪府のホームページをご覧ください。