水産業

気候変動の影響

  • 秋季の高水温による養殖海草類の種付け時期の遅延・生産量減少
  • アイゴ等の植食性魚種の摂食行動の活発化と分布拡大による藻場の減少
  • 海面上昇による港湾施設への影響

気候変動への適応

例えば、
 水温上昇等の影響解明のための環境モニタリングの継続
 有害プランクトン発生要因の特定化と速やかな情報提供
 気候変動下での資源量の推定
 海洋環境変化に伴う海況や漁場予測の高度化、稚魚の放流手法開発
 高水温耐性を有する海藻の選定
等が挙げられます。

詳細は農林水産省のページをご覧ください。

また、(地独)大阪府立環境農林水産総合研究所では、「適応」に関連する研究成果を公開しています。詳しくはリンク先をご覧ください。
適応に関連する環農水研の成果(水産分野)